電話:03-5749-3075

「受注見込み」、「重要度」、「業務ステータス」などの取引先の状況を、Googleマップにわかりやすく表示!

123MAPS(ワンツースリーマップス)は、Googleスプレッドシートに登録された複数の取引先を、Googleマップに表示するツールです。
「受注見込み」、「重要度」、「業務ステータス」などの取引先や業務のカテゴリーに応じて、マップ上のマーカーを色分けして表示します。
外出先の営業マンやスタッフが、スマホのマップ上から、業務ステータスを更新できます。
初期設定は簡単3ステップで完了します。

動画でご紹介

サンプルのマップ

東京駅周辺のマップにサンプルの取引先を複数プロットしたマップと利用しているスプレッドシートをご紹介します。
※参照のみでデータの更新は行えません。

マップ スプレッドシート

123MAPSの特徴

簡単3ステップでマップを公開

30日間無料トライアル
  • Googleスプレッドシートに店舗や施設の情報を登録

    お申し込み後にご提供するマニュアルとひな形のスプレッドシートを利用し、マップに表示したい取引先とその関連情報を登録します。
    スプレッドシートの共有設定で、利用できる利用者をコントロールできます。

  • 住所を位置情報(緯度経度)に自動変換

    Googleマップに表示するために必要な緯度経度情報を、登録されている住所から自動的に生成します。

  • 自動生成されるHTMLファイルをサーバーに設置して組織で利用開始

    ボタンひとつでHTMLファイルをGoogleドライブのフォルダに作成します。
    生成されたHTMLファイルを参考に、自社サーバーに設置いただきます。
    ※Googleドライブフォルダは公開設定になっているため、サーバーをご用意いただかなくとも利用可能です。